点滴

先日発症させてしまった
胃腸炎を悪化させてしまい
今日再び病院へ。
早々に点滴。
久々だったな、点滴。

昔は(あ、今もかな)
とても体弱くて良く入院して
点滴うけてたな。

その頃は
天井に穴の空いてる病院で
その穴の数を数えたり、
穴から突然変な虫が出てくる想像を
して時間を潰してたなというのを
思い出した。

連日のツイッターやFacebookでの
病気のアップで
ゆっくりやすんでね。って
コメントもらえて
とても嬉しかった。

けど
点滴をうける30分
ゆっくりするのも難しいなあと
思った。

あの曲はどう進めていこうとか、
このプロジェクトは
どうしたらあの人達にも
メリットがでてくるかとか
色々考えてしまい。

無心になれたのは
最後の3分くらい。

点滴の針を抜いた後
看護師さんがその部分の
ケアをしてくれて
腕を触ってくれていたのだけど
ああ
こんなに人と触れてる時間あったの
いつぶりだろ。。。
童貞よろしくばりの
変な感じを持ってしまったのは
心が弱ってるからだろう。

(その看護師さんは私が幼稚園生の頃、動物園に行った時、俺にうんこを投げてきたゴリラに似ていたので恋はしなかった。優しくしてくれたのにごめんね。看護師さん)

兎も角
生きるのは大変だ。

心を守るために何かを失い、
何かを得るためお金を稼ぎ、
お金を稼ぐために心を失う。

腕から出る血をみて
ああまだおれは生きてるんだなって
少しだけ感じました。

ひかり

自分は
元来とても明るいとは言えない性格なのですが、
野心や希望だけはあって
何かこの辛い現状を変えようと
いつもしてきました。
ほんの少しの事かもしれないけど、
あと自分を助けてくれてるみんなの
力のおかげで
少しずつは前に進んできたと思います。

その部分が
自分の音楽にはあると思っていて
暗い曲かもしれないけど
最後にはほんの少しのだけの
ひかりがみえるような
曲を無意識に作っていた部分もあります。
というか感性がそこへ
向かっていたのだと思います。

しかし今年に入ってから
生きる上で
本当に厳しい事がこれでもかと
重なっています。

入ってくるメールや
電話がとても悲しいこと。
お話をする相手が
とても辛い状況にいること。
母からの悲しい声。
元気を出させてあげられない自分。
届かない声。
一文で殺せる内容。

そんな状況でも
応援してくれてる仲間がいて、
とても嬉しいです。

ただ本当に申し訳ないことに
自分の前にある闇は
消えなく、ひかりも見えないのです。

日に日に
感情の起伏の麻痺が起こってきて
いる気さえします。

その中で
自分の音楽はどうなって
いくのかと思います。

ただ暗闇を映していくのか、
それでもひかりを
放てるのか。

自分の笑顔が
ちゃんとみんなに笑顔で移っていれば。
いいな。

吐き出す場所

作りかけていたトラックが何曲か完成にむかっています。

頭のおかしくなりそうな毎日のモヤモヤが
作りかけていた
トラックの出口になっていたようです。

人は辛い時、
泣いたり叫んだり吐いたりして
なんとかなんとか平常を取り戻そうとして。
アーティストにとって曲を作る事が
そうなんだと
今は感じています。

今日どうしても行きたかったイベントがあったけど、
おれも家で戦ってたよ。
きっとそういう事だよね。
次があるなら
良い音楽放ちます。
comogomo
お疲れ様でした。

まだ吐き続けないと
おれは平常になれない。

もしかしたら
もうなれないかも知れないけど、
生きる為にそうしなければならないんだ。