DEEPCOUNT

頭にでっかいクエッションマーク。
人として当然おこりうる事。

ひょこりやってきたのだが、
そいうもんは中々去ってはくれないものだ。

そういう時にやってくるもの。
DEEPCOUNTのイベント”降りしきる夜”

もちろん
当日は雨。

DEEPCOUNTのイベントは
自分の疑問や疑心にヒントをくれる。

自分にとってのDEEOCOUNTの音楽。
なくてはならない物なのだ。

自分の音楽も
何処かの誰かのそうなるようになりたい。

形成

形は常に変化していく。
悲しい事でもあり、期待もある。
変化しないものに変化はない。

“republic”という名の音のアルバムを
形成してくてるのは周りの方の力なのです。

完成まであと一踏ん張り。
がんばろう。

こすれてる

ぼろぼろの時の方がいいライブができる気がする。
荒い洗剤を使うと手の皮がボロボロになる。
なのにJOY。

明日はDon Matsuo Groupのライブだ。
みんなボロボロで楽しんでいるだろう。

ビジョンという名の形

GENIUS P.J’sの新しいアーティスト写真を
Geoff Johnson氏に撮影して頂きました。
自分の中の抽象的な次なる音が
写真の2人を見て具体的な物になってきました。

この写真に次なるGENIUS P.J’sの指針を感じた。

そしてこの写真を撮っている時の
Geoff Johnson氏の目は獣の目だった。凄み。
写真も本能で撮るのだろうか?

貴重な経験

Don Matsuo Groupのレコーディングのある日、急遽ズボンズのレコーディングに変更に。
私はその現場に居させて頂ける事になりました。

ズボンズのレコーディング見れるんだー!すげー。
となっていた所、ドンさんより
“クロちゃんシンセ、セッティングして”
と。
うぎゃー!!!
そんな流れで急遽ズボンズのレコーディングに参加させてもらえる事に!

参加して思った事は
流れがとてつもなく早い!
(曲のテンポとか構成がコロコロ変わるとかではなくて)
これは一緒にやってみて複雑さに
気づきました。
凄かった。
長年の音楽の深さを感じました。
やっぱすげえっすよ。ズボンズ。

もっと鍛錬しないとだめだなぁと
どえらいパンチを頂きました。

自分のパートは使って頂けるかわかりませんが、今回素敵な経験をさせて頂きました。
ドンさんを始めズボンズの皆様本当に感謝しております。
ありがとうございました!