好きという気持ち

昔、実家に住んでいる時に
コロという名の犬(女子)を飼っていた

小学校から帰宅する時に
見つけた捨て犬がどうしても可哀想で家に連れて帰った。

親に飼っても良いか?懇願したが
“世話が大変だし、
うちは共働きだからダメ”と。

しかしおれの頑固さは
小学校の頃から変わっていない。

玄関で一晩コロと一緒に寝るという
ボイコットの末、根負けした親が
ちゃんと世話をしたらいいよと。

コロもおれも大きくなり
高校3年になった頃、
コロのお腹が大きくなっていた。
コロも大人になっちゃって、まぁ!
なんて思っていた。

しかしコロは妊娠とは違うような
体調不良の姿を見せていた。

ある夜家に帰ると、
居間で家族全員泣いていた。

コロが死んだのだ。

話を聞くと妊娠ではなく、
お腹の病気で
(内容はグロなので書きません)
膨れてしまい亡くなったと。

とても悲しかった。
病気に気付けていたら、
そしてあの時自分が
コロを拾ってなかったら。

自分を責めた。

そしてもうこの悲しみには
耐えられないと、
犬は一緒飼わないと心に決めた。

色々な寂しい経験をすると、
その感情に鍵をかけてしまう。
出てきてはダメだよって。

きっと無くしてはいない。
心の奥にはある筈の感情を
抑えているのだと思う。

またいつか出てくるのか
わからない。
それもまた寂しいものだなと思った

コロが死んだ一週間後
犬小屋には新しい犬がいた。
その犬をパルと家族は呼んでいた。
友達という意味らしい。

散々泣いていたのに、
すぐ新しい犬を飼って
こいつらバカかと(汚い言葉失敬)
一週間口をきかなかった。

パルとおれは
友達にはなれなかった。

幼い顔

どんな人でも均等に時間は流れいく。

若いつもりでも、
日に日に歳はとり疲れも取れずらくなり
病気の話も周りも含めて多くなる。

おじいちゃん一年生に
おれはなったのだ。

ただ歳の割には若く見える方なので
周りのバンドの子に歳の話をすると、
自然にタメ口が敬語に変わっていくのである
(別にそのままタメ口でもいいんだけどね)

地元の友達と久々に会うと
良し悪しは置いておいて、ちゃんと年相応の
見た目になっている。
腹の出かたも含めて。

その時いつも思うのは、
自分の精神年齢が実際の歳に追いついて
ないんじゃないかと。それが見た目に出てるんじゃないかと。

気持ちが曲がっている人は
顔も歪んでいくって話を聞いた事があって
正直自分もそういう事はあるだろうと思う。

だから自分の顔を改めてみてみると
色々がまだ幼いのかもなって感じる。

もっと色々経験をして
人としてもまだ成長していきたい。

力をつけないと守りたいと思った人も
助けられない。

人の魅力

昨晩は三軒茶屋ヘブンズドアで
カイモクジショウとnoodlesの2マンライブ
にてDJで参加させて貰った。

元々noodlesのファンであった自分が
カイモクジショウ 上田君に
“2マン羨ましい”と
悩ましい目つきで訴えた所
“DJする?”と。
悩ましい目つき成功。

2マンも近づいてきたある日
ボーカルの夏海ちゃんのSNSで
上田君入院のお知らせ。

驚いてすぐ連絡した。
色々力になれる事はないか、
手数を取ったが上手くいかなった。

暫くは上田君抜きの、
ゆーき君、夏海ちゃんの二人で
ライブをするということ。
上田君は即手術をするということ。
イベントは決行すること。

そう彼らは決断をした。

当日DJのセットも早々に終え、
二人と少し話をした。

大丈夫かなと一抹の不安を吹き飛ばすような
ライブだった。

イベントもとても良いものだった。
自分もイベントが良くなるように
気持ちを込めてDJをしていた。

COMezikのライブもカイモクジショウへの
愛情が直で伝わるライブだった。

来ていたお客さんも
ここから何かを得て家路につくのも感じた。

良いDJでしたと言って下さった
お客さんもいて少し気持ちがホッとした。

終演後のヘブンズドアのフロアを
眺めてて、
人の魅力を感じた。

ドブロクの寛司さんから
“少しずつ色んな人がつながってく感じが楽しい。無理なく音楽仲間が増えていくみたいで、納得できる。”というメールを貰ったのを
思い出した。

自分が好きだなと思う人と音楽を出来て
幸せなんだなと思った。

それと同時に
自分は魅力なんてあるのだろうかと
思った。

それは兎も角、人の魅力とは
何より代え難いものだと
真に思った1日でした。
ありがとう。

上田君元気になって帰ってくるの
待ってるよ。