生きるための芸術

死ぬ寸前まで
音楽をする事が出来ているだろうか。

今年は有り難い事に色々なお話を頂き
日々音楽制作を続ける日々が続いていた。

そして一つ今年のテーマとして
やった事がない事には進んで
チャレンジするという事を決めていた。

初めての北海道ツアーや
初めての弾き語りライブやテレビ出演。

みんなはやった事がある事かも
しれないけれど自分は初めての事。

不安やドキドキする事がまだある喜びを
その都度感じていた。

しかし当たり前の事かもしれないが
時間には限りがあり
やりたい事や制作に詰まりかけていた。

ゴールデンウィークに東京にいると
色々誘惑もあるだろうし
少し遠くへ行き
集中して音楽がやりたいと思った。

私はtwitterに
ゴールデンウィークに音楽制作を集中して
出来る場所は無いか?と情報を呼びかた。

そのツイートを見た1人の方が
北茨城市にarigateeという滞在制作できる
ギャラリーアトリエを作ったので
そこで制作してはどうですか?
と提案してくれた。

茨城は私の故郷でもあったのと
やりとりをする中で提案して下さった
のりおさんは以前名古屋での
ライブイベントでお逢いした事のあった方と
分かりこれもご縁だなと思い滞在させて
貰う事にお願いをした。

のりおさんのツイートを
色々と拝見すると檻之汰鷲という名で
奥さまのちふみさんと共に今は茨城で
アート活動をしている事も知った。

自分が一つ目標にしている
芸術で生きて行く事を実践している方の
生活や考え方や色々お話を聞きたいという事も
もう一つの理由であった。

東京から電車で約3時間
気持ちの高ぶりもありあっという間に
大津港という駅に到着した。

駅に着くとお二人が優しく出迎えてくれた。
人見知りの自分なのだが
お二人には自然に話がする事が出来た。

車で30分弱ほど行った山奥に
arigateeはあった。
赤い屋根が特徴的な古民家で
玄関に入ると可愛らしい動物の置物が
出迎えてくれた。

可愛らしい動物が好きなのと
家中もお二人がリノベーションをして
下さったおかげでとても快適で素晴らしい
空間となっていてこれから数日の制作が
ここで出来る事のわくわくを感じていた。

東京から持ってきた機材をセッティングし
制作スペースも作り
集中して制作する事が出来た。

時折ギャラリーに訪れる方々と
お茶を飲みながら色々な生活を聞かせて頂く事もできた。

煮詰まった時には近くの川に行ったり
下山して地元の商店に買い出しを言って
お店の方とお話したり素敵な時間だった。

制作最終日前日の夜
のりおさんとちふみさんが
バーベキューを用意してくれて
沢山色々なお話を聞く事ができた。

アーティストとして生きていく事の
かなり深い所や悩みも聞いてもらった。
不安や悩みは沢山ある。

その中で先陣を切って進んでいる先輩が
居るという事はとても心強い事だった。

アーティストとして生きてく上で
足りないものも分かった。

バーベキューの最後に
沢山お世話になったお2人に
密かに作っていたarigateeという曲を
聞いてもらった。

とても喜んで貰って音楽の本質も
凄く感じれたし
またここに来て今度は地元の方々にも
喜んでもらいたいと思った。

アートや音楽が誰かのほんの些細でも
何かの幸せになっているなら
僕は続けていきたい。

その為に色々考えて動いていきたい。

凄く大切な時間を
北茨城の方々に貰いました。
またここに帰ってきたい。

旅はまだ続くのかなと思った。

北の血


今思うと父はとても不器用だけど

優しい人だったと思う。


私のバンドGenius P.J’sは

横浜のvalowsというバンドと共に

北海道ツアーに行ってきた。

父の出身は北海道の室蘭という所で

幼少期に行って以来だった。


今回のツアーは
ドラムの祢津くん

エレクトリックバイオリンの百瀬さんを

メンバーに迎えた編成だった。


久々に共にライブをする百瀬さんも

とても楽しそうに時間を過ごしているのが

伝わっておれも嬉しかった。


移動やご飯を食べてる時
もずっとみんなで話していて

それがライブの良いグルーヴに
なっているのも感じていた。


美味しいお寿司を食べて一緒に感動したり

とある事があり泣いてしまった姿も

見せてしまったが(下らない内容)

それくらい自分はメンバーに心を開いていた
。

このツアーはvalows
ame full orchestraの飯濱さんを
始め
多くの方々の力を貸して頂いた。


札幌の方々は本当に優しく

沢山の方々がGenius P.J’sを
色々な所に
繋いでくれようとしてくれた。

それが本当に嬉しかった。


そしてふと父の事を思い出した。


父は表現が下手で
伝えたい事を
いつもひねくれた
やり方でアウトプットしていた。

意図が組めず喧嘩もよくしていた。


でも自分も大人になり
あれが
自分や家族に対する彼の
優しさなんだってわかった。

自分は父から受け継いだ

北の血を持っていると思う。


今回北海道の方々に沢山貰った
優しさを
今度はみんなに届けていきたい。


教えてくれたこと

私は貴方が作った物にまだ助けられている。

元々そんなに飛行機の移動は
多くない方だった。
そもそも家族旅行の記憶も
殆ど無い。

そのせいか修学旅行もとても苦手で
みんなでお風呂に入ったり寝るのが
凄く嫌だった。

しかしこの歳になり
旅もいうものが好きになり
その先に大切な仲間も出来た。

明日の大阪でのDJの為
今回は飛行機で向かう事にした。
いつもは新幹線なのだが
ここ最近の悶々の気分を変える為
飛行機にした。
 
話は少し変わり
中学生の頃、田舎に住む音楽ファンの
私は音楽の情報に飢えていた。

当時はネットもなく
音楽情報の収入源は
雑誌とテレビ番組だけだった。

雑誌でバンドの情報は得るものの
音が全くわからない。
CD屋さんも近くに無く
視聴も気軽に出来る環境では無かったので
CDを買うのは博打だった。
し、よくその博打に負けていた。

当時はテレビ欄で音楽と関係するものを
毎朝チェックし全てビデオに録画していた。
過言では無くやっていた。

その番組の一つに私は
大変衝撃を受けた。
その番組はレギュラーでは無く
夜中にやっていた面白要素が強い、
というかバカなバンドを集めた番組だった。

が、その番組に出るバンドは
田舎では到底見る事の出来ない
クレイジーなものばかりで
多分変なもの好きな私の心は奪われた。

多分その一年で300回位その番組を
見返した。
その番組に出ていた猛毒というバンドの
CDを買いに2時間以上かけて
池袋のタワーレコードに一人で買いに
行ったりもした。

兎も角人生を変えられた番組だった。
音楽を始めたきっかけのひとつには
間違いなくなっている。

私はあるきっかけでその番組を
作った方を知り新宿ロフトで見つけた。

見つけた瞬間
この想いを伝えないと死んでしまうと思い
トイレに入って行く彼を中まで追いかけた。

トイレの中で
“おれ貴方の作った番組のファンなんです!”
と言われた彼は、なんだこの変な奴って
きっと思ったに違いない。

その後私の話をきちんと聞いてくれて
とても幸せだった。

あの番組のお陰で(せいで)
今音楽をやっています。と伝えたら
“大袈裟な”と彼は笑っていた。
でも全然大袈裟じゃないって今も思ってる。
 
話は戻りそろそろ
飛行機の搭乗の時間になった。

私はビビリなので乗る前いつも
この飛行機が落ちて死んだらどうしよう
と思ってしまう。

でも今はまだ死ぬ訳には
いかないと思った。

 
私は今とても大切な曲を作っている。
 

いつか自分が死んで自分の大切な人を
助けたいのにそれが出来ない時

大丈夫。応援してる。頑張れ。
という気持ちをこの曲に詰めて送りたい。
その曲で少しでも助けられたと。
 
私が出来る事はそれぐらいだと思った。

でもそれが自分が音楽をしている理由だと
今更ながら気がついた。

それに気づかせてくれて
本当にありがとうと感じた。
 
自分が今も大切にしている番組があるように
自分の曲が、それは烏滸がましいが
誰かを支えられたらと心から思う。
 
だからこの飛行機が
大阪まで無事に墜落しないで
到着することを願っている。

11月ライブスケジュール

11月〜12月にかけて
4バンド、10本のライブが決まっております。
全く違うテイストのライブ、
是非お越し下さい。

<Genius P.J’s live>
2013年11月10日(日)
立川BABEL

“我x我vol.23″
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV 2000 / DOOR 2500 (+1D)

<act>
・反好旗
・Hopeless Raven
・FIREBIRDGASS
・セプテンバーミー
・militarysniperpinfall
・Hi-Gi

(info)

http://www.babel-rocktower.net/

2013年11月22(金)
横浜GALAXY

“2nd Anniversary Special”
OPEN/START 18:00/18:30
ADV/DOOR 2500/3000(+1drink)

<act>
・chikyunokiki
・nego
・tomy wealth

(info)

http://www.yokohama-galaxy.com/Schedule.html

<The Randolf live>

2013年11月5日(火)
下北沢BASEMENT BAR

”SHIMOKITA KITCHEN”
OPEN 18:30 / START 19:00
ADV 2000 / DOOR 2500 (+1D)

<act>
・Cool Crew Par
・カメレオンズ3
・五十嵐壮之介 with Special Session

(info)

http://www.toos.co.jp/basementbar/b_main.html

2013年11月9日(土)
下北沢THREE&下北沢BASEMENT BAR

“TOKYO BOREDOM#10″
時間 : OPEN / START : 24:00
料金 : ¥1,500 (+1Drink)

<act>
・トリプルファイヤー
・EXTRUDERS
・柴田聡子
・空間現代
・BOMBORI
・Trespass(神戸)
・DJ MEMAI vs bonstar
・DOTAMA×ハハノシキュウ
・MILK(名古屋)
・道産子アナルX
・FIREBIRDGASS

(info)

http://ototoy.jp/news/74289

2013年11月13日(水)
下北沢GARDEN
”北沢爆音祭 其の参”

OPEN/START 18:00/18:30
ADV/DOOR 2500/3000(+1drink)

<act>
・緋と陽
・bronbaba
・秘密ロッカー

(info)

http://www.gar-den.in/pc/plist.php?m=201311

<あなるちゃんとクロダセイイチ live>
2013年11月18日(月)
渋谷ラストワルツ

”BLUE MONDAY”
OPEN/START 19:00/19:30
料金 : ¥1800+drink order

<act>
・MACHEE DEF & KO-ney
・ツージーズ
・てあしくちびる

OPENING ACT
・猫道(猫道一家)+中島知也

(info)

http://lastwaltz.info/date/2013/11/

チケットご予約はこちらから
info@humanexperimentrecords.com