生きるための芸術

死ぬ寸前まで
音楽をする事が出来ているだろうか。

今年は有り難い事に色々なお話を頂き
日々音楽制作を続ける日々が続いていた。

そして一つ今年のテーマとして
やった事がない事には進んで
チャレンジするという事を決めていた。

初めての北海道ツアーや
初めての弾き語りライブやテレビ出演。

みんなはやった事がある事かも
しれないけれど自分は初めての事。

不安やドキドキする事がまだある喜びを
その都度感じていた。

しかし当たり前の事かもしれないが
時間には限りがあり
やりたい事や制作に詰まりかけていた。

ゴールデンウィークに東京にいると
色々誘惑もあるだろうし
少し遠くへ行き
集中して音楽がやりたいと思った。

私はtwitterに
ゴールデンウィークに音楽制作を集中して
出来る場所は無いか?と情報を呼びかた。

そのツイートを見た1人の方が
北茨城市にarigateeという滞在制作できる
ギャラリーアトリエを作ったので
そこで制作してはどうですか?
と提案してくれた。

茨城は私の故郷でもあったのと
やりとりをする中で提案して下さった
のりおさんは以前名古屋での
ライブイベントでお逢いした事のあった方と
分かりこれもご縁だなと思い滞在させて
貰う事にお願いをした。

のりおさんのツイートを
色々と拝見すると檻之汰鷲という名で
奥さまのちふみさんと共に今は茨城で
アート活動をしている事も知った。

自分が一つ目標にしている
芸術で生きて行く事を実践している方の
生活や考え方や色々お話を聞きたいという事も
もう一つの理由であった。

東京から電車で約3時間
気持ちの高ぶりもありあっという間に
大津港という駅に到着した。

駅に着くとお二人が優しく出迎えてくれた。
人見知りの自分なのだが
お二人には自然に話がする事が出来た。

車で30分弱ほど行った山奥に
arigateeはあった。
赤い屋根が特徴的な古民家で
玄関に入ると可愛らしい動物の置物が
出迎えてくれた。

可愛らしい動物が好きなのと
家中もお二人がリノベーションをして
下さったおかげでとても快適で素晴らしい
空間となっていてこれから数日の制作が
ここで出来る事のわくわくを感じていた。

東京から持ってきた機材をセッティングし
制作スペースも作り
集中して制作する事が出来た。

時折ギャラリーに訪れる方々と
お茶を飲みながら色々な生活を聞かせて頂く事もできた。

煮詰まった時には近くの川に行ったり
下山して地元の商店に買い出しを言って
お店の方とお話したり素敵な時間だった。

制作最終日前日の夜
のりおさんとちふみさんが
バーベキューを用意してくれて
沢山色々なお話を聞く事ができた。

アーティストとして生きていく事の
かなり深い所や悩みも聞いてもらった。
不安や悩みは沢山ある。

その中で先陣を切って進んでいる先輩が
居るという事はとても心強い事だった。

アーティストとして生きてく上で
足りないものも分かった。

バーベキューの最後に
沢山お世話になったお2人に
密かに作っていたarigateeという曲を
聞いてもらった。

とても喜んで貰って音楽の本質も
凄く感じれたし
またここに来て今度は地元の方々にも
喜んでもらいたいと思った。

アートや音楽が誰かのほんの些細でも
何かの幸せになっているなら
僕は続けていきたい。

その為に色々考えて動いていきたい。

凄く大切な時間を
北茨城の方々に貰いました。
またここに帰ってきたい。

旅はまだ続くのかなと思った。

Comments are closed.