明日くる毎日

ちょっとずつ
寂しい未来を先延ばしに
していただけなのだろうか。
と、今になると思う。

こんな儚いものなのか。

Comments are closed.