手をつなぐ

手をつなごう。

今年の夏はとても素敵な事と
とても辛い事が沢山あった。

ある夜妹から電話がかかってきた。
“お母さんが倒れちゃった”
家族からの電話はいつだって怖い。

翌日朝一で地元の病院へ向かった。
酸素マスクをつけている母は
元々ガリガリの体型なのに、
更に小さく弱ってみえた。

母は大腸癌だった。

母の居ない未来を想像するだけで
嗚咽が出そうだった。

母は昔から見栄っ張りで我慢しすぎる
性格だった。
今回もそうだった。

数年前から痛かったのに
我慢をしすぎ
大腸の入り口にはとんでもない大きさの
癌があったそうだ。

お見舞いに行って少しすると
母の容態が悪くなり
顔が真っ青になり痛い痛いと
叫びだした。

おれは死も覚悟した。

その後なんとか持ち直し
その夜を越えた。

数日後手術も決まり
手術が成功する事。
転移をしていない事を
心から願った。

時を同じくして
他にも不幸や別れが続いた。

そんな日々を越えて行く中
急に自分がこの世界でたった1人に
なってしまうような強烈な孤独感に
襲われた。

とても怖かった。

今年の夏、
toitoitoiというアーティストに
トラック提供したアルバムが
リリースされた。

そのリリースのお祝いの日の事。
多分おれはちょっと壊れていた。

色々な話をボーカルの岸川さんや
みんなは聞いてくれた。

多分おれの孤独を感じてくれた
岸川さんはおれの手を取り
手を繋いでくれた。

そしてその隣の人も繋いでくれて
みんなで手を繋ぎ、大きな輪になった。

ギターのムラコシくんは
手を繋いでくれなくて、
遠くでエイフェックスツインの顔で
笑っていた。

その時
“ああ自分は1人じゃないんだ”って
少しだけ思った。

本当は嬉しくて、あと少しホッとして
泣きそうだった。

人の手というのは
感情や優しさや色々な物を
持っている。

ありがとうと心から思った。

母の手術は成功して
退院もできた。

母は美容師で休みが合わず
人生で一度も一緒に旅行に行った事が
無い。

もう少し良くなったら
一緒に旅行に行きたいと思う。

そこで手を繋いで
少し歩きたいと思った。

Comments are closed.