梨の礫

梨の礫な私に、東京にも多大な被害を与えた台風をかいくぐり
実家から梨が送られて来た。
わざわざ台風の日に送るのが私の母である。いつだってそう。
一人暮らしを始める時に”使ってね”と渡されたのが
2本の業務用のはさみと(母は美容師なので)
2本のもんじゃ焼き用のへらであった。
東京で出来た彼女とふたりで。。。のような下りがあったような気がするが、
無視したのでよく覚えていない。
連絡もろくすっぽしない私を気にかけてくれて本当にありがたい。
家族ってこういうものなのかもと。
兎も角梨たべて曲作ろう。

Comments are closed.