希望や未来

人は再生しながら生きている。

細胞は一瞬一瞬で死んでいき、
一瞬一瞬で生まれてきている。
その再生を繰り返しで
明日を過ごしているのだそう。
その再生する機能が壊れたとき
人は死を迎える。

それは細胞だけではなく
気持ちでも一緒で、
“頑張ろう”や明日への希望や、未来が
(ほんの僅か、些細な事でも)
心の再生をする機能なんだと思う。
だからささやかな希望や未来が
なくなった時、
気持ちは崩れるのだろう。

物はどういうタイミングで
壊れるかはわからない。
その傷はとても小さいものでも
いつか壊滅的な被害をもたらす
原因にもなる。

明日何かをしたい
って思う事が
人が生きる事にどれだけ大切か
痛感している
ここ毎日です。

Comments are closed.