非生産的な音楽

音楽の力という物を
信じてやってきたが
自分のやってきた音楽で
皆に感動はおろか、
何も産み出せてないのではないか。

命を削って作る作品が
それらを産み出せるとは限らない。

自分の音楽は
誰一人助けられないのだろうか。
とても悲しい気分です。

Comments are closed.