無題

限りある時間の中で
これでいいんだと決めた代償に
右胸はナイフが刺され
左胸は鎖に繋がれる。

殺すはずの感情を殺せなかった
わたしに
だれが救いの手を差し伸べてくれるのか。

わからない。